ヘリ基地反対協議会

辺野古・違法アセス訴訟

本訴訟は不当判決が確定しました。

辺野古新基地建設を止めるために、あなたも原告になりませんか。

 沖縄県民の基地負担の軽減をはかるというまやかしのSACO合意を口実に、世界中の米軍飛行場の中でも最も危険だといわれる「普天間飛行場の代替基地」として、辺野古キャンプシュワブ海上を埋め立てる、新たな基地の建設計画がすすめられています。

 辺野古地先周辺、そこに広がる大浦湾は《豊かな生態系の命の海》。 国際自然保護連合・環境省・沖縄県が絶滅危惧種に指定する《ジュゴンの生息する北限の海》です。

 この海には、ウミヒルモなどの海草類、ミナミトビハゼなどの貴重な生物が育ち、アオサンゴの群落が広がっています。 沖縄は、北限のカメと南限のカメとの交差点で、基地建設予定地内にはカメの産卵場が存在します。 陸地には多数の稀少植物が生息しています。この《貴重で多様な生態系》を埋め立て、陸地を削り、広大な基地を建設しようとしているのです。

 なによりも、海とともに生きてきた辺野古の人たちの静かな暮らしが脅かされます。

◆   ◆   ◆

 たとえ基地建設であろうとも、環境保護の法律を犯してはなりません。 当然「環境影響評価法(環境アセスメント法)」「沖縄県環境影響評価条例」に従った環境影響調査を行なわなければなりません。 ところが、基地建設を急ぐ防衛省・沖縄防衛局は、これらの手続きに違反するのみならず、ジュゴンの追い出しのための違法調査をくりかえしています。

 「環境アセス法」は、「この事業が環境にどう影響を与えるのか」を評価するための調査方法を示した『方法書』を最初に住民に示すことを定めています。 方法書に対して住民は意見を述べる権利があり、さらに住民意見を踏まえた県知事の意見を付してはじめてアセス調査の方法が決定されます。

 方法書に対する住民や学者・専門家の環境保全のための意見は、事業者の一方的な考え方を正し、環境を守る、たいへん重要な役目をはたします。

 ところが、防衛省は、方法書の作成以前に、「事前調査」と称してほとんど毎日多数の調査船や警戒船を繰り出し、ジュゴン追い出しを目的としたとしかいえないような調査を強行しました。

 その後、縦覧された方法書は事業内容わずか6頁で、方法書の体をなさず、沖縄県環境アセス審査会の「これでは審査ができない」との厳しい意見により、防衛局は『追加修正資料』『修正版』を提出したのですが、しかし、これらの修正に対して住民は意見を述べることはできませんでした。

 アセス調査の後、調査の報告と環境への影響を記した『準備書』が縦覧されましたが、4つのヘリパッドや係船機能つき護岸、汚水処理施設といった新たな事業内容が追加されるとともに、米軍機は民間地域を飛行しないなどのウソを前提として、方法書をもとに準備書を作成するという環境アセスの基本的手続きを無視した、まったく違法なものでした。

 また、準備書の縦覧の後、防衛省・沖縄防衛局は、法の根拠もなく、「補足調査」と称して事前調査と同様の調査を行っていますが、これは調査に名を借りたジュゴン追い出しとしか考えられないものです。

 わたしたちは、環境影響評価法に反する違法な調査を止めさせること、そして、法に従って、方法書にさかのぼりすべての手続きと調査をやり直すよう求め、裁判を起こすことにしました。

みなさんも、原告として参加してください。

 2つの柱をたてて、一つの裁判に結集して、裁判を提起します。 多くのみなさんに、原告に参加していただけますよう呼びかけます。

1の柱 違法確認の訴え 【「方法書」「準備書」手続きをやり直せ】

 防衛省の行った「方法書」「準備書」は違法であり、方法書の作成から手続きをやり直す義務があることの確認を求めます。
 事前調査、補足調査など、アセス手続きにもとづかない調査をおこなった「方法書」にない事項を「準備書」にまぎれこませるなどの違法な手続きを《法律にしたがってやり直せ》と求めます。
 きちんとした「方法書」などの手続きがおこなわれていれば、専門的知識をもって意見をのべ、アセスの内容も変わっていたはずなのです。
 専門家を中心として原告団を構成します。

2の柱 損害賠償請求の訴え 【被った被害を賠償せよ】

 住民には意見を述べる権利がありますが、意見を述べる機会を奪われ、違法な環境破壊がなされることに対して、賠償を求めます。
 原告は、この訴訟の趣旨に賛同する人たちから広く集まっていただきます。

参加するには!?

 裁判費用は2000円。

 訴訟の原告に参加される方は、以下のPDFファイルをダウンロードし、必要事項を記入・押印して、下記にお送りください。 訴訟費用は下記の口座のいずれかにお振り込みください。
呼びかけ文
訴訟委任状

訴訟委任状に記入する際の注意点:
(1)住所・氏名とも戸籍・住民票の記載どおりに書いてください。都道府県からもれなく記してください。 旧字体・○丁目○番○号などは、略さずに記入してください。
(2)印鑑は氏名のところのほか、一番上にも押してください(捨て印です)。
(3)日付は、委任状に記入した日を書いてください。

 PDFファイルのダウンロードができない場合、住所・氏名・連絡先(電話・FAX・メールアドレス等)をお知らせください。 訴訟委任状の用紙をお送りします。

 8月11日までに訴訟委任状が届いた人たちで第一次原告団を組織しました。 8月19日に、原告344名で那覇地裁に提訴しました。
 現在、第二次原告団を募集しています。 ぜひ、原告に加わっていただきますようお願いします。 9月30日までに訴訟委任状が到着した人たちで原告団を組織し、速やかに提訴いたします。

辺野古アセス訴訟団準備室
〒905-0015 名護市大南1-10-18-202 ヘリ基地反対協議会 気付
(郵便物の送り先: 〒905-2171 名護市字辺野古 座り込みテント村気付 アセス訴訟係)
Email seaoflifehenoko@gmail.com (@を半角で打ち直してください)
沖縄銀行二中前出張所 普通 1381275 辺野古基地建設阻止弁護団
郵便振替 01740-3-53459 辺野古原告団事務局

訴状など

 本訴訟の訴状はこちらです。(訴状は94ページの大作になりました。ファイルサイズが約2.8MBあります。)
訴状

 訴訟の骨子を1ページにまとめたものはこちらです。
訴訟骨子

 訴訟の概要を解説した資料はこちらです(那覇での学習会で使用されたスライドです)。
学習会スライド

 9月3日発行のニュースレターです。
『命の海』第1号(1~3ページ)
『命の海』第1号(4ページ)

 第1回公判で提出した意見陳述書です。
安次富浩氏の意見陳述書
東恩納琢磨氏の意見陳述書

 第2回公判で提出した意見陳述書です。
山内徳信氏の意見陳述書

 3月3日に行われた学習会の資料です。
原告ら主張の概要・主観訴訟について

 2010年7月25日・31日に行われた学習会の資料です。
アセス法から見た辺野古回帰案の問題点(桜井国俊沖縄大学教授)
辺野古・違法アセス訴訟報告《総論》(金高望弁護士)
辺野古・違法アセス訴訟報告《訴えの利益》(高良誠弁護士)
辺野古・違法アセス訴訟報告《訴えの利益についての参考資料・第5回公判での陳述原稿》(仲西孝浩弁護士)

 2011年12月28日発行のニュースレター第2号です。("No.1"と誤記されていますが、お許しください。)
『命の海』第2号

不当判決!

 那覇地方裁判所は2月20日、原告の請求をすべて棄却する判決を下しました。 辺野古アセスの違法性には一切触れず、入り口で切り捨ててしまう、不当極まりない判決です。

 原告団および弁護団では、判決に対する声明を発表しました。 控訴も視野に入れて、今後の対応を検討中です。

 判決文・判決要旨・原告団および弁護団の声明です。
判決文
判決要旨
辺野古・環境影響評価手続やり直し義務確認等請求訴訟の第一審判決に対する声明

控訴審へ

 辺野古・違法アセス訴訟原告団は、2013年3月7日、原告297名にて、福岡高等裁判所那覇支部に控訴しました。

またしても不当判決!

 福岡高等裁判所那覇支部(今泉秀和裁判長)は不当にも、控訴棄却の判決を出してきました。 判決公判では、主文だけを読み上げるや、裁判官3名は逃げるように法廷を去って行きました。
 司法の矜持をかなぐり捨て、わずか2回の公判で結審したあげくの、愚かなことこの上ない控訴審でした。

判決書

 この判決に対し、原告団・弁護団では声明を発表しました。
辺野古・環境影響評価手続やり直し義務確認等請求訴訟の第二審判決に対する抗議声明

上告が棄却されました

 辺野古・違法アセス訴訟原告団・弁護団では、2014年6月9日、最高裁判所に対して上告しました。
これに対し、最高裁判所は12月9日付で、棄却の決定書を送ってきました。

決定書

 原告団・弁護団では、上告棄却・不受理決定に対する抗議声明を発しました。
辺野古・環境影響評価手続やり直し義務確認等請求訴訟の上告棄却・不受理決定に対する抗議声明