ヘリ基地反対協議会

準備書への意見書提出の取り組み

ご報告

意見書の募集は5月15日で締め切られました。

締切日の5月15日14時に、沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団は沖縄防衛局に対し、私たちが集約した意見書を提出しました。

私たちが把握できているだけでも5,800通を超える意見書を提出することができました。

皆様のご協力に感謝します。

これからは環境アセスメント審査会に闘いの場が移ります。引き続きご協力をお願いいたします。

呼びかけ

以下は終了した呼びかけです。

 現在、環境アセスメント準備書が公告・縦覧され、意見書の募集が行われています。 公的な場で、公に意見を表明できる最後のチャンスです。

 準備書そのものは約5400ページもあります。 沖縄防衛局・沖縄防衛局名護連絡所・沖縄県庁・名護市役所・宜野座村役場の5ヶ所で、これを読むことができます。 いずれの場所も、月曜日から金曜日までの、9時から17時までです。
 沖縄防衛局のホームページにも掲載されましたが、全部で約724メガバイトもあります。
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kakubu/03tyoutatubu/junbisyo/junbisyo.html

 これとは別に、約300ページの要約書が公開されています。 要約書は5ヶ所の縦覧場所で見ることが出来るほか、沖縄防衛局のページからダウンロードすることが出来ます。 (全部で約42メガバイトあります。)
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kakubu/03tyoutatubu/zyunbiyouyaku/zyunbisyo.html

 この環境アセス準備書に対して出来るだけ多くの意見を提出することが、基地建設を止めるための大きな力になります。 皆さんも意見書を書きましょう!

 意見書は事業主体である沖縄防衛局に対して提出するものですが、直接提出してしまうと、意見書の概要だけが環境アセス審査会に提出されることになります。 これでは一人ひとりの意見が捨象されてしまいますので、意見書そのものを私たちで集約し、審査会委員の先生方に直接読んでいただくようにします。

 意見書の用紙は指定されてはいません(準備書の縦覧場所には用紙が置かれていますが、ほかの紙でも大丈夫です)。 氏名・住所と共に、あなたの意見や想いを書いてください。 数行の短い文章でも結構です。

 意見書は次のあて先までお送りください。 沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団が、すべてコピーをとらせていただいた上で、責任を持って沖縄防衛局に提出いたします。

郵便:〒905-2171 名護市字辺野古 座り込みテント村 意見書係 あて
FAX:0980-55-3131(命を守る会)
メール:folkswind@yahoo.co.jp(アセス監視団)
上記メールアドレスは全角で表示しています。半角で打ち直してください。

 意見書を沖縄防衛局に提出する期限は5月15日です。 FAXにて5月14日正午までにお送りいただければ、アセス監視団が一括して沖縄防衛局に提出します。