ヘリ基地反対協議会

埋立申請への意見書提出の取り組み

 私たちは、仲井真沖縄県知事が埋立申請に不許可を出せるような環境をつくるため、告示・縦覧中の3週間の間と、 判断をするまでの間(今年中との報道)に意見書を送ることにしています。
 誰でも、意見を送ることができます。

 告示・縦覧中の意見書提出の期限は、2013年7月18日(木)(消印有効)です。

呼びかけ

 仲井真知事は昨年、辺野古アセス『評価書』に対し、 「評価書で示された環境保全措置等では、事業実施区域周辺の生活環境及び自然環境の保全を図ることは不可能」 と厳しく指摘し579項目もの意見を出しました。 にもかかわらず、日本政府は知事意見に応えることなく『補正評価書』を県に提出し、 辺野古に新基地をつくるための「公有水面埋立承認申請」を県知事に提出しました。

 この申請を承認するか拒否するか、沖縄県は半年から一年かけて審査を行うことになっています。 知事が申請を認めるか否かの条件は、「公有水面理立法」に定められています。 環境保全に十分配慮されていない場合は、埋立を認めることはできません。

 現在仲井真知事は、普天間基地の県内移設は不可能、県外移設を求めています。 しかし政府は何が何でも辺野古に基地を造るために、知事・沖縄県への圧力を強めています。

 強行する政府に歯止めをかけるために、稲嶺名護市長を私たちが支えつつ、仲井真知事に対して県内外そして世界中から多くのメッセージを寄せましょう。 ご協力をよろしくお願いいいたします。

呼びかけ団体(50音順):
泡瀬干潟を守る連絡会
沖縄環境ネットワーク
沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団
沖縄・生物多様性市民ネットワーク
沖縄平和市民連絡会
ジュゴンネットワーク沖縄
辺野古新基地建設を許さない市民共同行動
ヘリ基地反対協議会

呼びかけビラ(表)
呼びかけビラ(裏)

申請書の告示・縦覧中の3週間の間に、「利害関係者」として意見書を提出

誰でも「利害関係者」! たとえば…
1)受け継いできた豊かな自然をそのまま子孫に渡したい、という視点。
2)沖縄の発展に関わる可能性(世界自然遺産登録など)が失われる、という視点。
3)経済的な損失を示すことができる個人や団体、エコツアーなど辺野古・大浦湾の「自然の恵み」(利益) をレジャーを通して受けてきたが、それが失われる、という視点。

提出先 沖縄県土木建築部 海岸防災課
期間 告示・縦覧中の3週間のあいだ
意見を提出できるのは「利害関係者」(広い意味でOK!)

 意見書の書式は、海岸防災課が準備しているようですが、意見の形式・内容は自由です。
 「自らが利害関係人と思う人」、つまり誰でも「利害関係人」です。 従って、沖縄県知事あてに住所氏名、件名を明記して、意見書をおくることができます。

提出先住所
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
沖縄県土木建築部 海岸防災課

提出期限 2013年7月18日(木)(消印有効)

 ヘリ基地反対協議会では、意見書の用紙を作成しました。どうぞお使いください。
辺野古の公有水面埋立承認願書への利害関係人としての意見書用紙

 住所・氏名を記載して送ればよいスタイルの意見書を、5種類作成しました。 そのまま利用しても、これらを参考にしてご自分の意見書を作成していただいても、結構です。 どうぞお使いください。
辺野古の公有水面埋立承認願書への利害関係人としての意見 その1
辺野古の公有水面埋立承認願書への利害関係人としての意見 その2
辺野古の公有水面埋立承認願書への利害関係人としての意見 その3
辺野古の公有水面埋立承認願書への利害関係人としての意見 その4
辺野古の公有水面埋立承認願書への利害関係人としての意見 その5

沖縄県知事の判断を支える意見書提出

沖縄県知事が「埋立承認申請を却下」する、決断ができるよう、励ましていきましょう!

提出先 仲井真弘多沖縄県知事
期間 県知事が埋立承認申請に意見を出すまで、随時。
意見提出者 誰でもOK!

意見書のまとめ方

手紙や葉書にまとめる。絵の得意な方は絵でまとめる。 その他、あなたの考えが伝わりやすい方法があれば、それでまとめて送ってください。

意見書のキーワード(例):沖縄の民意、基地はいらない、平和、 自然を守れ、県知事選の公約、など。

提出先
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
仲井真弘多沖縄県知事

みんなの意見書の集約先

 どんな意見書が、どれだけの数寄せられているのか把握してみんなで共有するために、意見書を集約したいと思います。
 お書きになった意見書の写しを、下記まで郵送、もしくはファックスでお送りください。

郵送 〒905-0015 名護市大南1-10-18-202 ヘリ基地反対協議会気付 「辺野古意見書キャンペーン」
ファックス 0980-53-6992

意見書集約の締切日:2013年7月26日

締切日を過ぎた場合でも、ぜひお送りください。

More Information

他にもいろいろあります、辺野古のためにできること。

日本自然保護協会

「辺野古サンゴ礁を守るため 意見を送ろう!」
国内大手の環境NGO。申請書の告示・縦覧期間中の意見書提出を呼びかけています。
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/2013/04/post-62.html

「辺野古を埋め立てないで!知事への応援ハガキ」

仲井真知事を応援するハガキを送るキャンペーン。 一人ひとりの市民が思いをこめて書いた色とりどりの素敵なハガキが紹介されています。
http://postcardcampaignsavehenoko.blogspot.jp/

沖縄・生物多様性市民ネットワークのブログ

辺野古や埋立承認申請について、早くて正確な情報を発信しています。
http://okinawabd.ti-da.net/

辺野古の海を守るための知事への意見書お手紙カキカキブログ

沖縄・生物多様性市民ネットワークが、意見書を書くためのお手伝いブログを作成してくださいました。
http://henokoikensho.ti-da.net/

他にも、首都圏の市民運動が結集した「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」や 「ジュゴン保護キャンペーンセンター」が、アクションを計画しています。